全日制高校 通信制高校

全日制高校と通信制高校

公立の高校などではまずありませんが、全日制高校と単位通信制、その二つを持っていると言う高校は割と増えてきています。

全日制クラスと単位制クラス、そして通信制クラスと言うものを持っている事によって、生徒がより通いやすい高校づくりというのをしているのだそうです。

さて、全日制高校と通信制高校なのですが、やはり大きくなってくるのは、その通う日数にあると言えるでしょう。全日制高校はその名が示している通りに、全日、通わなければならない高校と言う事になります。そうした事からも、通信制高校よりは生徒にとって負担が大きくなると言う面は否めない所があるでしょう。

しかしながら世の中では通信制高校よりも、この全日制高校の方が普通クラスとされています。ですが通信制高校と言う所は、通っても週に1日、大半の高校は、月に1日程度しか通わないものとなっていますので、どうしてもこなすことができる授業数というものが少なくなってしまいます。そして、行事なども限られたものとなってしまうでしょう。

現に私が通っていた高校では、卒業式しかなかったも同然です。こうした高校で行われる様々な行事に参加したいと言う人は、全日制高校の方が多くの体験をする事ができるでしょう。